間取りや屋内設備など福井の新築住宅で必要なもの

福井で新築住宅を求める場合は、間取りや屋内設備など、考えておかなければならないことがあります。住宅の場合は、間取りはさほど、気にする必要はありません。よほど特殊でない限り、間取りに合わせた生活が可能です。高齢化社会を迎えて考えておく必要があるのは、1階に設ける個室です。今後の社会では、施設へ入所しての老後がおくり難い状況にあります。高齢となっても最低限暮らせるスペースが、1階に必要です。屋内設備は交換を前提に機種を選ぶ必要があります。設備機器は長期の使用により、必ず壊れます。壊れた時に簡単に交換が可能な機種を設置しておくことが大切です。特殊な機器や、交換が容易でないものは、設置を慎重にする必要があります。設備機器は普及度の高いものが安心できます。

自ら関わる必要のある住宅の安全性

福井で新築住宅を求める場合、安全性は自ら選ぶ時代となってきました。建築基準法には最低限度の安全性の基準が示されています。しかし、最近の大地震の傾向を見ていると、木造住宅の場合、建築基準法の耐震基準だけでは、心もとないことがわかります。自らが住宅の耐震性に興味を持ち、依頼先の会社を選ぶ段階から、考慮する必要があります。建築当初の段階で地震に強い建物として、2×4工法と軽量鉄骨プレハブ工法があります。しかし、これらの工法は耐久性が低いことでも知られています。建築後、50年を過ぎても、安定した耐震性が得られるのは、木造軸踏み工法です。この工法も、建築基準法の基準を満たしただけでは足りず、床の剛性の強化や直下率を適切に保つことが必要です。これからは、施主が積極的に性能に関わる時代です。

要望の仕方で変わる住宅の耐久性

福井で新築住宅を求める場合、耐久性を考慮する人は多くはありません。住宅は工法や屋根の材質により、耐久性がまったく異なります。耐久性を決める要素である工法では、日本の伝統工法の流れを汲む、木造軸組み工法が信頼できます。湿気の多い日本の風土の中でも、長持ちする仕組みが設けられています。主に戦後に流通が始まった、2×4工法や軽量鉄骨プレハブ工法は、耐久性の確認ができていません。湿気の多い日本の風土の中で、どれ程の耐久性があるか、未知数です。屋根の形状や材質も、耐久性に大きく影響します。屋根は適切な勾配を設け、庇を出すことにより建物を保護します。材質は本瓦や天然スレートなど、長期間性能を維持する材料が望まれます。福井で新築住宅を選ぶ場合は、依頼先を会社の規模で判断するのではなく、理にかなった安全性や耐久性を確保しているかどうかで判断するのが、正しい方法です。