福井で新築住宅を建てたい方への紹介部屋

福井で新築住宅を建てたい方に詳しく紹介しています

新築住宅はどのぐらいかかるか福井での相場を説明します

福井では、新築住宅の建築費は、2000万円から3300万円ほどで建てられています。平均床面積は43坪ほどで、他県よりも広い傾向にあります。坪単価では、格安住宅の40万円/坪から、工務店の60万円/坪、大手住宅メーカーの80万円/坪まで様々です。データに見られるのは平均的な値で、個別に見ると納得できる数値に落ち着きます。住宅の品質と性能のバランスが良いのが工務店の建てる住宅です。建材や人件費の相場から見ても、妥当な価格が示されています。格安住宅は仕入れ面や職人の調達で工夫のあとが見られます。材質に関しては、耐久性を除いた項目で、安心感が見られます。大手住宅メーカーの価格は一般に高めです。品質は高級感のあるもので統一されています。品質以上に高値感があるのは、人件費や展示場の経費が多めなことが覗えます。

工事を押し上げる要因となる要素

福井で新築住宅を建てる場合、工事費を押し上げる要因となるのが床面積です。同じ単価を用いた場合、工事費は床面積に比例します。地域によって、住宅に必要な面積が異なるのは当然です。3世代同居が当たり前の地域では、住宅は広い面積が必要となります。別棟で暮らすよりは、住宅に費やす費用は安く済むので、効率的と言えます。工事費を押し上げる要因としては、標準設計による住宅の均質化があります。大手住宅メーカーでは品質を一定に統一し、売り上げの拡大につなげています。本来は必要の無いものでも、標準化により設置されているものもあります。住宅に本来必要とされるものにお金をかけ、不要なものにはお金をかけない、メリハリの利いたお金のかけ方が求められます。そのためには、自由に内容を変えられる、工務店への依頼が必要です。

住宅でお金をかける部分と不要な部分

福井で新築住宅を建てる場合は、本来必要な部分に十分な費用をつぎ込む必要があります。住宅でお金をかけた方が良い部分は、構造と屋根です。柱や梁は太い材料を用いることで、地震に強く、耐久性のある住宅ができます。金物の多用は木材を太くするほどのお金はかかりませんが、耐久性を損ねてしまいます。耐久性のある家をつくるためには、屋根は瓦葺が望まれます。長期間メンテナンスを必要としない、優れた材料です。住宅を建てる場合、お金をかけたくないのが設備機器です。換気設備は高気密な家には必要ですが、窓を利用した自然換気により、空気の入れ替えは可能です。太陽光発電は、初期費用や維持費用にかなりのお金がかかります。コンロ台はビルドイン型式ではなく、据え置き型の方が交換に便利です。